irish conversation practice

irishは、教育を生業としながらも、DJしたり、打ち込みで曲を作ったり、著作権に関心を持ったりしています。会話の練習、対話の実践。理想はそんなところ。

去年は行って来ました。今年も…。

今年も行くことにしましたフジロック…
いやもう本当去年、楽しかったんですよ…
人生変わっちゃいましたよ…

そんで今週末はこれ行ってきます…
今年のフェスシーズン前哨戦的な感じで。
(実は福岡のCircleと、鹿児島のWALK INN FESとちょっと迷った…)

takkyu

昨年五島にもいらっしゃったDJ MOTORAさんも、motra greenとして主演されます。
こちらもすごい楽しみにしています!

あと、これからもうちょい自分も積極的にイベントしていこうと思ってます。

この前、友人のイベントのために作成したミックスなどチェックしていただければこれ幸いです。
 

フジロック行ってきます…

ただ今着々と準備しておりますが、フジロック行ってきます。

fujirockgreen

(写真はウィキペディアより)
 
大丈夫かな俺…生きて帰ってこれるかな…

ちなみに帰ってきたらすぐ五島のビッグイベントなので、
ちゃんと帰ってこなければなりませんが。

随分前に買った、フジロッカーズというDVD観ながら思ってたんですが、

FUJIROCKERS~THE HISTORY OF THE FUJI ROCK FESTIVAL~ [DVD]
オムニバス
WHDエンタテインメント
2010-03-24

 
自分がフジロックが始まる!と「ロッキンオン」で知ったのがちょうど高3のとき、
つまり大学受験のシーズンだったわけで、
実際行くことなど、もはや夢だったわけです。
五島から天神山への距離を考えても、かなり絶望的でした。

大学時代も、鹿児島では多くのアーティストに触れることが出来ましたが、
基本貧乏だったので、場所も苗場になってしまったフジには行けるわけもなく。
バンドやってるうちにフジに行ってたら、自分の人生観も少し変わってたかもしれないと、
思うこともあります。(まだ行ってないけど)

長崎に戻り、社会人になってからは、今度は「金はあるが時間がない」状態で、
2回ほど行ったサマー・ソニックは、かなり楽しみましたが、
これも、盟友H氏の誘い&手引がなければ行けなかったと今では思います。
(過去サマソニ参加レポはこちらこちらで)

というわけで、まぁ地元長崎で開催される「スカイジャンボリー」には、
ほぼ毎年参加してきました。
フェスの雰囲気を、毎年楽しむようなことは、とりあえずしてきたとは思います。


そして今年、法律で定められた
「リフレッシュ休暇」なるものを取得しなければならないと判明し、
その使い方を「海外のロックフェス」と、ちょっと大風呂敷広げて考えてみたんですが、
「グラストンベリー、レディング等、日程がどうも合わない。」
「仕事で休める時期も、内容を考えればかなり限られてる。」
「7月、それも夏休み突入直後しかなさそう…。」


「あ…フジ…あんじゃん。」


ということで決心した次第でした。



いくつか見たいアクトはありますし、もう決心するしかないと思い、
ツアーに申し込みました。

そんで今、届き始めたテントや雨具を見ながら、これを書いています。
まだ明かされていない前夜祭アクトや、タイムテーブル、気になりますねぇ…。


自分に夢ってなかったと思っていました。
あるならもう叶っていたと。
いや、でも、もうひとつ残っていた。
そういう気持ちです。

 

2014年自分的ベスト音楽作品そして告知!!

本年度もこの記事で締めたいと思います。
普段愛聴するアナログはほぼ旧作のディグに向かっているので、
こちらでは今年リリースされた音楽にこだわってセレクトしてみました。
まあでもその中でもアナログで買ったものも混ざってます。

ベストアルバム10選

Syro / Aphex Twin
Black Messiah / D'Angelo & The Vanguard
Recess / Skrillex
CLPPNG / clipping
THE PIER / くるり
Quack / Duck Sauce
You're Dead / Flying Lotus
Tied to a Star / J Mascis
Hurt / Syrup16g
Atlas / Real Estate

エイフェックス・ツインやディアンジェロ、くるり、J Mascisという、
自分世代にとってはヒーローとして存在するアーティストのリリースに恵まれた年だったのかもしれません。
あとやはり、ディスコ好きにはDuck Sauceのアルバムは嬉しかった。
60年代サウンドなReal Estateは、Avi Buffaloと迷いましたが、
Sub PopはJ Mascisがいたので敢えてバラけさせました。 
あとまあ、生きている間にSyrup16g五十嵐の復帰が観れてよかったです。 
あと、clippingは本当にすごい。
自分内でのインダストリアルぽいヒップホップのブームに本格的に火をつけたアーティストです。 


ベストフリーダウンロード、ミックステープ5選

Cigar Society / Papoose
Duck Droppings / Duck Sauce
Smell The DA.I.S.Y. / De La Soul
niggas on the moon / Death Grips
&&&&& / Arca

先ほどもありましたが、Death GripsやArcaなんていう、
ちょいインダストリアルめなヒップホップがまた静かにマイブームです。


ベストシングル・EP5選

THE LIQUID AMBER EP / DJ Shadow
Get Low / Dillon Francis, DJ Snake
彼氏になって優しくなって / 岡村靖幸
ゆでちゃん / worlds' end girlfriend feat. BOOL
Do It Again / Royksopp & Robin

この辺はやはり主にクラブで耳にして気に入ったり、自らプレイしてる曲中心です。
ただ、旧譜抜きになるとこんな感じに。


PV部門5選 

Red Eyes / The War On Drugs
I Won't Let You Down / OK GO
何度目の青空か / 乃木坂46
RGTO / AKLO feat. SALU, 鋼田テフロン & K ダブシャイン
猟奇的なキスを私にして / ゲスの極み乙女。

まあ、OK GOがぶっちぎりですごいんですけど、
懐かしい学園ドラマ調のAKLO面白かったです。 


あと、ここからは告知です!!

redjets

地元で行われるロックバンドのコンサートに、
オープニング&アクト間のDJとして参加することになりました。
まぁ、分かりやすくDJぽいことやる感じにしたいと思うんで、
リストの曲とかはプレイしないと思いますがw
こちらにもぜひ参加してくれるとありがたいです!!
よろしくお願いします!!


 

一五島市民が観た「捨てがたき人々」

C0015_main_LL


<映画.comより>
人間の善悪やモラルを問う姿勢を貫き、物議をかもす作品を多数発表しているジョージ秋山の同名漫画を、大森南朋主演で実写映画化。金も仕事もなくセックスのことばかり考えている狸穴勇介が、苦悩しながら生きる意義、愛や幸せを見つけ出そうともがく姿を通して、人間の業を描き出していく。生きることに飽きてしまった勇介は故郷へ戻り、そこで顔にあざのある女性・岡辺京子と出会う。快楽を求める勇介は京子と関係をもち、そのままなし崩し的に同棲を始めるが……。俳優としても活躍し、「ぼくのおばあちゃん」「誘拐ラプソディー」といった監督作も発表している榊英雄がメガホンをとった。
撮影は二年ほど前、私の地元である五島市で行われていました。
妹や親戚などがエキストラとして参加しており、また友人が撮影に参加していたこともあり、
観ることができないかと心待ちにしていました。

その折、地元で試写会を行うということで、観てきました。

原作にも部分的に目を通していました。
というか、あまりにも心にクル作品だったので最後まで読めなかったので、続きが分かるかもしれないという思いもありました。

作品についての感想は以下にまとめます。
ネタバレありになると思うんで、それを承知していただけるならば以下へどうぞ

 続きを読む

サ上、BEEFに巻き込まれてる…。

(引用元のオートプレイがちょっとアレだったので削除しました。)
こういうのが、こちらの日本語ラップまとめサイトみたいなのから流れてきて、
こういう↓反応。



続きあるんですかねー。今後に期待。




月別アーカイブ