irish conversation practice

irishは、教育を生業としながらも、DJしたり、打ち込みで曲を作ったり、著作権に関心を持ったりしています。会話の練習、対話の実践。理想はそんなところ。

Live 4っておい!!

はやいよablton。まぁ歓迎なんだけどw

というわけで期待のMIDI/VSTi対応なんだけど、これでもうCubaseとか使う必要無くなってきた予感が。なんかランダム系のMIDIプラグインとかも付くみたいだし、かなり楽しみです。

これだったら、何も前準備せずにliveとかも出来るなぁ。今までは「オーディオファイルさえあれば即ライブ可能」だったのが、「オーディオファイルすらなくても即ライブ可能」になると思う。プラグインだけでOKみたいな。それもさびしいかもしれんけど、Syntheditでのプラグイン作りの方に時間が割けるかなと。

そろそろlive 3に上げようかな。用途でバージョン使い分けるのは、ニューマシンにしてから意味無くなったぽいしなぁ。

ライブで使いたいVSTiを今から仕入れておこう。というか、アップグレードしたら(u_p)さんとライブしたい。

やるじゃんジョン・フルシャンテ!!

http://www.johnfrusciante.com/demos.php

お馴染みレッドホットチリペッパーズのギタリストのジョンフルシャンテが、ニューアルバムをフリーでリリースしております。

他にデモバージョンなんかもあるみたいで、これは面白い試み、というわけではないけど、超メジャーなアーティストがこういうことをやるというのはいいなと思います。

mp3とCCCD、音楽にとって有害なのはどっちでしょうか、という問題に直面しています。考えてみてます。

こういう考え方がある。

d2c1b381.GIF
http://www.creativecommons.jp/

こういう考え方もあるということで、知っておいていいと思います。

このコンピも実はこのライセンスを取ってP2Pに流すなり何なりしたほうが良いだろうと思う。でも、「純粋なオブジェクトとしてのCDの価値」ってのもあるわけで、そこらへんも見直して欲しい思いもあって、CDリリースはします。
ただ、リリース後時間が少し経ったら、P2Pにコンピが、このライセンスのreadmeが付いて落ちている、というのも悪くないなと思います。

さーてあとはマスタリングだー。

ちなみに上のページは日本語版。
本家はここ。http://creativecommons.org/

ジャケット(案)完成!!

f39f964e.PNG

あくまで(案)です。
希望というか、「ここをもうちょっとこう¨」とかあったら言ってください。
こういうコンセプチュアルなアートワークは作りやすいなぁ。
ロゴのみ印刷して透明なCDケースに入れるというのも面白いかも。せっかくCDにするんだから。

すると必要なのはステッカー印刷するやつか。でもその方が実はコスト削減出来る可能性があると思う。
色がモノクロになるので、印刷もカラープリンタじゃなくていい、ってのはやりすぎか。

さて、次はHTML作るかね。

芥、二枚組超大作レビュー

CDRが届いたのでレヴューしてみます。芥の二枚組アルバム。
まずメンバー見ると分かるのだけれど、ゲスト含めてほぼ、読売ジャイアンツなんじゃないかってくらい
鹿児島バンドシーンのベストメンバー状態w まぁこのメンバー揃えばそら良いわって感じです。
録音、ミックス、プログラミングにN.A.のスワシタ氏が数曲参加し、最終マスタリングも彼の手によるものです。
ちなみに僕もすこーしだけ参加しています。

肝心の曲ですが、やっぱ良いです。大田誠師の底なしのメロディ・詩・アイディアに圧倒されます。
「生活=音楽」と言って憚らない彼なので、彼の日常がそのまんま曲に反映されているような気がします。
バンドサウンドもミックスも彼のハンドキューに従うような正確さでもって鳴らされています。
打ち込みやろうが何しようが不思議なことなど何一つ無いような自然さで彼の視界に収まるように鳴らされている、
感情という名のコントロールが音一つ一つに利いているようです。
そういう意味で、ガンズみたいな、トレントレズナーみたいな、そんなスターみたいな感じもします。

これだけのメンバーに自分の望む通りに演奏させるってのは、俺には出来ない芸当です。
俺は多分、誰でも好きなように演奏させると思うからね。
多分レコはするのに曲が無い場合とかwあると思うから、ゲスト泣かせというか。。。

彼がこれから上京して、どんなメンバーと音楽やるか分からないけど、
この作品の全曲でベース弾いてるエイサククンのようなメンバーと巡り合えることを願っています。
ドラムのユキチャンも良いロックドラマーです。
(この二人とは、僕は超絶オルタナバンド「アパッチ」をやったことあるので、僕的にはこのリズム隊がベストです。いつか絶対アパッチの音源上げたいと思うくらい。)




月別アーカイブ