irish conversation practice

irishは、教育を生業としながらも、DJしたり、打ち込みで曲を作ったり、著作権に関心を持ったりしています。会話の練習、対話の実践。理想はそんなところ。

福江島での休み方Vol.2

ea950f2a.JPG
今日は、陸上部の引率で中央公園の陸上競技場へ。
ちょっと暑いかなと思っていたが、坂の上は風が強くてちょっと肌寒いくらい。

その後、勤務先近くの「れんげ」で、お好み焼きを食べた。割とおいしい、というか、安い。

今日聴いたCDは、ライムスター「グレイゾーン」。そう、CCCD。

まぁ、ソニーが出してる「レーベルゲート」はマシな方なんだけど。なぜかというとソフトを強引にインストールするavexの方式ではなく、PCにCD入れると「ソフト入れますか?」と尋ねるダイアログが出る方式だから。スーパーカーの新作も同じ方式ね。

しかしもったいない。こんなクオリティの高い曲作っておいてCCCDなんだもん。
ヒップホップにおいて、録音メディアと音楽そのものの関係というのは重要だと思うんだけど、やっぱCCCDはそれを考慮しても、良くない。
彼らはしかし、そこらに自覚的だと分かるアルバムでもある。それが分かる曲が「4'13"」という曲。

まぁ、CCCDと言えどリッピング出来るのであんまり変わらないかな。これも俺が買ったわけじゃないし、手元に本体置いておかないので。

そんなわけでMP3の手軽さっていいなと思ったりもしている。

んーちくしょーiPod欲しいー。
miniは発売延期だってさ。

途中経過

b2075242.JPG

参加決定アーティスト:9組
参加交渉中アーティスト:2組

音源提出済みアーティスト:2組

とまぁ、こういう状況です。

ジャケ、出来ればCDをモチーフにしたものを作ろうと思ってます。
n-Genは、あれは出来すぎなので、敢えて使いません。

あと、参加アーティストのジャンルは多岐に渡っています。それぞれの主張があり、多様性があるといった感じです。

アーティスト名は、敢えてまだ伏せておきます。ここでまとめて発表しちゃうと、なんか面白くない気がするので。

MIX FORM

d21a2f0c.JPG
という、MIX CDを買いました。

内容なんですが、僕のフェイバリットレーベルであるプログレッシブ・フォームの楽曲を、細野晴臣がミックスするという、なかなか興味をそそる内容になってます。

んで、今聴きながらタイプしてるんですけど、リコンストラクト(平たく言えばリッチー・ホウティンのcloser to the edit方式)された曲がいくつかある点が面白い。
または、お馴染みの曲ばかり入ってるので、普通に聴いてて楽しいです。

あと、結構アンビエントなミックスを期待してたんだけど、割とダンサブルです。というか、このレーベルの最近の傾向がダンサブルなのかと思う。(もちろん、ただのテクノだったりハウスだったりするわけではない。)
まぁ、結構良い。

あと、たぶんこれableton liveで作ってる気がする。

こういうのの、muzie版、作って欲しいな誰か。
俺作ろうかな。

smartelectronix.com

25b389e1.PNG
が、コンペやるそうです。

参加しようかなー。しかしここのシンセプラグインって普通なんだよねー。エフェクトプラグインは最高なんだけど。

そういやSquarepusherの最新作に、ここのdfx Bufferoverrideぽい音が入ってる気がするんだけど、たぶんあれはEventide Orvilleで同じことしてるのではないかと思ってる。

このカテゴリでは、面白いソフトや、愛用ソフトの情報、音楽ハードウェア情報など書いてく予定です。

もうひとつ、n-Genというソフト、ジャケ生成ソフトって、案外ありかも。Mac用もある。

福江島での休み方。

eb5e04fc.JPG
今日は富江にあるキャンプ場に行ってきた。

まぁ最近は運転も慣れてきて、デートコースペンタゴンなんか聴きながらドライブ。しかし富江に行くまでの道がすごい舗装されてきれいになっているのにビックリした。

んで、キャンプ場も素晴らしく整備されていて、鹿児島の川辺よりかキレイだった。友達が来たら絶対連れていきたい。

明日からまた仕事だ。




月別アーカイブ
  • ライブドアブログ