irish conversation practice

irishは、教育を生業としながらも、DJしたり、打ち込みで曲を作ったり、著作権に関心を持ったりしています。会話の練習、対話の実践。理想はそんなところ。

一五島市民が観た「捨てがたき人々」

C0015_main_LL


<映画.comより>
人間の善悪やモラルを問う姿勢を貫き、物議をかもす作品を多数発表しているジョージ秋山の同名漫画を、大森南朋主演で実写映画化。金も仕事もなくセックスのことばかり考えている狸穴勇介が、苦悩しながら生きる意義、愛や幸せを見つけ出そうともがく姿を通して、人間の業を描き出していく。生きることに飽きてしまった勇介は故郷へ戻り、そこで顔にあざのある女性・岡辺京子と出会う。快楽を求める勇介は京子と関係をもち、そのままなし崩し的に同棲を始めるが……。俳優としても活躍し、「ぼくのおばあちゃん」「誘拐ラプソディー」といった監督作も発表している榊英雄がメガホンをとった。
撮影は二年ほど前、私の地元である五島市で行われていました。
妹や親戚などがエキストラとして参加しており、また友人が撮影に参加していたこともあり、
観ることができないかと心待ちにしていました。

その折、地元で試写会を行うということで、観てきました。

原作にも部分的に目を通していました。
というか、あまりにも心にクル作品だったので最後まで読めなかったので、続きが分かるかもしれないという思いもありました。

作品についての感想は以下にまとめます。
ネタバレありになると思うんで、それを承知していただけるならば以下へどうぞ

 続きを読む

サ上、BEEFに巻き込まれてる…。

(引用元のオートプレイがちょっとアレだったので削除しました。)
こういうのが、こちらの日本語ラップまとめサイトみたいなのから流れてきて、
こういう↓反応。



続きあるんですかねー。今後に期待。

地元五島が音楽的に賑わっている件について

五島列島福江島に移住して、早7年…


その間、いろいろあって、DJ活動やら、バンド活動やら、PAやらレコーディングやらミックス、マスタリングやら、本当、音楽的にいろんな活動させてもらっています。
まさか、この島に帰って来てから、自分のレコーディングした音源がiTunesで売られたり、子供の頃テレビで観たアーティストのライブPAしたりすることがあるなんて、想像もしていませんでした。


最初は、DJ S@DAさんやideさんのつながりでDJパーティーに参加させていただいたのからスタートし、段々企画自体に参加して、いろんなイベントさせていただきました。
それと平行して、ベベンコビッチさんからいただいたレコーディングからCD制作まで関わる仕事。
自分が長年DTMで培ってきた技術に加え、レコーディングやマイキングについても技術を得ていくことが出来て、非常に有意義でした。
どの部分に関しても、これからもぜひ関わらせていただきたいと考えています。
続きを読む

2013年ベスト音楽作品 そして告知!

ベストアルバム10選

Daft Punk / Random Access Memories
My Bloody Valentine / mbv
Long.Live.A$AP / A$AP Rocky
前野健太 / 俺らは肉の歩く朝
Cupid Deluxe / Blood Orange
予襲復讐 / マキシマムザホルモン
Kissland / The Weeknd
Reincarnated / Snoop Lion
イテツクアカツキ / Meiso
Yeezus / Kanye West


ベストフリーダウンロード、ミックステープ5選

Acid Rap / Chance The Rapper
Run The Jewels / Run The Jewels
BetterOffDEAD / Flatbush Zombies
Summer Knights / Joey Bada$$
INNANETAPE / VIc Mensa


ベストシングル・EP5選

eyesdontlie / Machinedrum
Without You feat. Totally Enormous Extinct Dinosaurs / Dillion Francis
Get Lucky / Daft Punk 
MALA / Noches Suenos (Mala & Simbad Super Dub Mix)
Lindstrom / Vos Sako Rv ( Todd Terje Edit )



PV部門5選 
 
Mirrors  / Justin Timberlake
Get Lucky / Daft Punk
この世は不思議 / 冨田ラボ
手をつなごう / 私立恵比寿中学
Don't Stop The Music / tofubeats feat. 森高千里


今年は良い音源大漁、っていうか大量に聴きすぎた感がありまして。
iTunesにぶち込んだフリーダウンロード音源があってもう大変でしたが、
タグ打って管理してなんとか整理してます。

来年も良い音楽に出会えることを期待しています!!

そして、 年末カウントダウンはこちらで!!

 cdp20132014

「変人」に対するスタンス

告発!!機関誌「ひまわり」を紹介します。 | 510-journal<

今回の記事で上がってる部分で、510-journalこと丸田さんの基本的なスタンスが明らかになっているので、それに対する自分の基本的な立場を確認しておこうと思います。


私は行政・議会問題をずっと取り上げ、問題視しながらいろんな疑問を提起してきています。この手の話題を問題視し、追求し発信していくと【悪者】とレッテルが貼られるんですね。
基本的に五島市の行政・議会の問題を、追求するのは良いとして、「発信」することは、私たちにとって利益がないと考えます。これは丸田さんの悪名高き個人ブログ時代から本人にはコメント等で伝えていることですが、未だに理解出来ないでいるようです。
こういった問題は、言わば内々の、市内の人間にしか意味が無い情報であって、観光客や、島に興味を持ってくれてる人に対して発信する内容としては適切ではない。島外の人が解決出来る問題ではありませんから、しっかり島内での活動をしていくことでしか解決できないものだと思います。

また「五島」を自らのハンドルネームやメディアの名前として使うことで、マイナスイメージを、五島市だけでなく、他の島の方々(上五島等)にまでバラまいてしまう恐れもあります。

これらの点を迷惑と考える人が多いと思います。 
【悪者】というレッテルは、丸田さんの行動に対する周囲の評価であり、悪事を働くものが悪者とされる、至極当然の結果ではないでしょうか。


むしろ、「五島」の冠を外すことによって、こういった行政や議会の問題を解決する方向に近くなるのではないかというのが私の考えです。似通った問題を抱える地方と意見を交換し、解決への道筋を探る方が賢明なのではないかと考えています。
少なくとも「五島」で検索して、丸田さんのサイトが上位に現れるような状況は、私たちが望むものではないでしょう。


一部のイベント等の行事情報は発信し、あたかも五島市は活気ああふれる街であるかのように演出する。一方、汚い部分は徹底的に蓋をし隠し続ける現状。楽しいことを計画・実行することは安易で実行しやすい(経験談)。 
楽しいことを計画・実行することは安易で実行しやすいでしょう。
丸田さんが企画された「サンセットコンサートin五島」など計画・実行された丸田さんにとってそれは安易で実行されやすかったのでしょう。大きな花火を一発限り打ち上げるのは非常に楽しい作業だと思います。
しかし本当に難しい、かつ有意義なのは、こういった花火を「一発限り」にするのではなく、小さなものでもいいから継続してやることではないかと考えています。
私が関わるものや、他の島内の多くの方が続けられている活動も、そういったスタンスで「継続」しようと頑張っておられます。私はそういった活動を、陰ながら応援し、自分自身も無理のない範囲で関わりたいと考えている立場です。
活気あふれる街であるような演出といいます。演出も時には必要でしょう。興味を持ってもらうためには。内実を伴わなければいけないという点では同意できるのですが、それにはもっと他に努力する点があるのではないでしょうか。

汚い点を暴き続けて、解決につなげる責任を持つのであれば良いと思います。
医者が手術するなら、病巣を取り除く、快方へ向かわせる責任があるのと同じですね。
しかし丸田さんにその責任は負えないと考えています。その責任を負えるのは、市の内部にいる方でしかあり得ません。
残念な事実かもしれませんが。


これでもか。これでもかの諦めない行動、これこそが行政が困ってしまう行動なのです。
私たちは、行政を困らせようとはしていません。
行政の行うことがより効果的に、効率的に行われることを願っています。
しかしそれは、私たちが「主体的に」関わることでしか実行され得ないと考えています。

「外部から」「指導する」「意見する」「汚い部分を暴く」「叱咤激励」こういった美辞麗句で飾り立てた丸田さんの言葉は、私たち市民にとって「迷惑」かつ「不利益」であり、ただでさえ問題山積の行政に、新たな問題を一つ加えたことにしかなりません。
「変人に会いに五島へ」とし、ワイドショーレベルの興味を集めても、五島で静かに生活を営む方々を好奇の目に晒しかねない、大変な悪事だと考えます。


先日、丸田さんが五島市の公式Facebookページを荒らした行為について意見を差し上げました。相変わらずの主張を展開していましたが、今後こういった善意の皮を被った悪事をはたらくことがないように願うばかりです。
Facebookのフォームを利用して通報も行っているので、じきになくなるだろうと思いますが。


丸田さんにはぜひ熟慮していただき、改善していただくよう求めます。
 




月別アーカイブ