e38bdc3e.jpg


まぁ、聴いてるんですよこれ。
しかし、前半地味だなぁ…。
後半、さすがに自分の子供に向けてのメッセージソングあたりでは盛り上げますが。

しかし大人気のEminemですが、彼の歌詞ってかなりキワドイってのは周知の事実ですよね。
しかし、ラップの曲ってどうしても日本人にはその「ヤバサ」が伝わりにくいというのはあると思う。
スラングとか、学校じゃ教えないですからね。
ただ、ラップの歌詞を読んでみたいという人には、エミネムは良いかもしれない。
というのは、韻を踏みつつストーリーを語り、パロディやら皮肉やら飛び出すリリックは、日本人にも受け入れられやすいと思うし、彼はマジな曲では普通に良い曲だったりするから、そんなに外国語学習に使えないというほどでもなかったりする。この作品では、終盤の「Mockin' bird」という曲なんかかなり「普通に良い曲」だ。2Pacの「Dear Mama」くらいの名曲。

普通に4文字言葉はあるわけだけど、それが使われる文化的背景を説明した上で、これを一つの教材として使用するのは、まぁ面白い試みではないかなと思う。
「Stan」あたりなんか特にいけるのではないだろうか。

しかし、ラップの語り方が、だんだん50Centに似てきたと思うんだけど…。