87b09046.jpg

さて、KYUSYU NEETS達が、なんと今年、サマソニに参加しました。
無論、客としてですが。

11日深夜に大阪入り、ダフさんにお世話になりました。

当日、同行するH氏、F氏と待ち合わせ。
合流した後は、再会を祝して、WTC内の休憩スペースで乾杯。

まず、最初を飾るエルレガーデンを観に、オープンエアースタジアムへ向かう。
この時点でH氏、「Berryzのコンサ行くかー」などと発言。
オープンエアースタジアムに入ると、ステージがドドーンとあって、
いかにも「ロック・フェス」な雰囲気に、一同盛り上がる。
そして命知らずな三人は、最前列のブロックへ突入。


ライブスタート。



「いたーい、助けてー。」

1曲目「Space Sonic」を聴いた俺、押し寄せる人の波に負け、早くも後列へ退散w
あの後も前のブロックでサバイブした残り二人を尊敬する。

ちなみに俺、あとは後ろの方で、カキ氷食ってました。


その後3人、PE'Zを観にアクアステージへ。

とにかくこのアクアステージってのが最高です。
だって、あんまり混んでないんだもん。
しかも、売店が充実してて、音楽聴きながらカルビ丼やステーキ丼などを食すことも可能。ビールはハイネケン。
俺は、結構夏祭りモードでしたw
3人とも、FORT MINORが始まるまで、アクアでのんびり過ごしました。


ここアクアで、思うままにマターリ過ごす一同。
しかし、このステージで、最高のバンドとの出会いがあったのです。

その名も、「The Cat Empire

音楽性としては、「ラテン乗りのレゲエ・スカ」てな感じですが、本当にノリ良すぎです。
陽気で笑えて、演奏上手い。
なんというか、日本の沖縄民謡なノリを呼び覚ますような音楽でした。
3人揃って、「本日のベストアクト」に決定。

もうちょっと特徴を話すと…
・ボーカルとトランペットとMCを一人でこなす人がいる。
・その人、変なボイスパフォーマンス(ディジェリドゥー?)で場を盛り上げる。
・時折入るテンポチェンジが絶妙。
・時折入る、フロントマン、もう中年という感じの男性二人による「腰振りダンス」が意味不明w
・ライヴ終了前、必死にCD宣伝するメンバー達。
・バンドロゴ、素人でも書ける。

音源が、アマゾンで3000円近くするCCCDしかないのはどうにかしてほしいなと思う。来年は、このバンドが出るフェスに行きたいと思った。
HPで曲聴けるので、聴いてみてください。



まぁ、そんなこんなでこの日はこの時間帯が最高でしたね。
トリのDJ SHADOW→マッシヴアタックの流れは確かに素晴らしかったけど、
なんかシリアスというか、ヘヴィなライブだったので(特にマッシヴ。)

サンレコで観てた小さい電球をグリッド的に使ったパフォーマンスも、なんかヘヴィ。
音が、もんのすごい低音が出てる、かなりヘヴィ。
あと、ヘヴィなギターをフィーチャーするのはいいんだが、そっちが主役になってた気がしないでもない。最近の3Dはそういうモードなんだろうか?


DJ SHADOWはやっぱり上手かった。
映像と音の同期は、もはや神の領域に突入してるね。
映像と音が積極的にぶつかり合う様は、圧巻というほかない。
あと、ゲストはそんなに要らなかった気がする。
二人ともそんなに良いと思わなかった。

とまれ、大阪でのフェスを存分に満喫した3人でした。

後編のテーマは、「静電気の65日間」。