例のプリンスのアルバムについての、興味深いエントリーが「音楽配信メモ」であったので、お知らせ。

参考:前回のうちのエントリー

その「音楽配信メモ」で言われていることで、一番肝なのはこの点だと思います。以下引用。
「音楽はライブが命」なんて陳腐なことを言おうとはまったく思わないが、MySpaceでの成功事例なども含め、ライブという付加価値をうまく使った新しい音楽ビジネスの萌芽が出てきているわけである。状況は混沌としているが、間違いなく言えることは「音楽ビジネス=CDビジネス」という時代が終わったということだ。

引用終わり。
全くそのとおりだと思う。
このエントリーによると、プリンスがこの方針を取り、さらにライヴでもCDの無料配布を行うことにより、ライヴ収益は、CD収益を上回る見通しがあるということも言われている。


簡単に言えば、CDは新聞のオマケにつけてライヴツアーの際にそのCDをライヴに来てくれたリスナーに無料配布すれば、CDのみを売るより利益が上がるってことらしい。これ素晴らしいことじゃないですか?これが出来るのが、本物のミュージシャンってやつじゃないですか?


いやぁ、レコード会社の時代(日本的に言えばJASRACの時代)、ってもう終わりが観えた感じすらしますね。
ミュージシャンは、もっと自由になって良いような気がします!


そう言えば、この「音楽配信メモ」の作者、津田大介さんによる、”だれが「音楽」を殺すのか?”は、うちのクラスの学級文庫の棚に入れてあります。音楽で食って行こうとか言うやつがいるクラスなので、ぜひ知っておいて欲しいなと思って置いてます。
皆様もぜひ御一読を。