Buono!の新曲は、明らかにLED ZEPPELINの「胸いっぱいの愛を」を意識している。
タイトルで分かると思うんですが、Buono!の新曲「ロッタラ ロッタラ」の「ロッタラ」とは、英語のLotta Loveを日本語っぽく読んだもの。
サビでは「胸いっぱいの愛」という言葉を繰り返す。




一方、LED ZEPPELINの「胸いっぱいの愛を」の原題は「Whole Lotta Love」、「ロッタラ」となる言葉を含んだタイトルだということですね。
うーむ。今聴いても、ジミー・ペイジのギターはかっこいいですよねー。



ヲタの皆様にとっては、「そんな普通指摘するまでもないやん」ということかもしれないけれど、これは結局Buono!というグループが、ロックのレジェンドに対して敬意を払っているということだと思うんですよねー。

これでギターのリフとか使ってりゃ、それはもうパクリと言われてしかるべきかもしれないけど、あえて曲のタイトル・コンセプトのみを抽出(邦題のセンスも含めて)して表現するというのは、結構高度な手法だなと個人的には思います。

LED ZEPPELINも、僕は最近まで聴いてなくて、なんとなく化石みたいな感じというか、あのマッチョイズムについていけない気がしていたんだけど、
きちんと聴いてみると、4人の個性が奇跡的な確率で、ちょうどパズルのピースのように合わさった、非常にバンドらしいバンドだと思いました。

ちなみに、この曲が収録された「ZEPPELIN ?」は、ロックの名盤として、誰にでも勧められる、素晴らしい作品だと思います。
てか、ZEPPELINは全て名盤ですけどw

24d90de1.jpg


注:ビデオリンク切れてたので、訂正&改善してみました。
LED ZEPPELINは、MTV MUSICからの映像です。これはオススメサイトですね。
MTV MUSIC