レコードチャイナ:ガンズ新譜「チャイニーズ・デモクラシー」に国民が激怒―中国

あ、ちなみに、このガンズ新作のタイトルが決まったのは、
中国でオリンピックがあったり、チベット問題が表面化したりする、
さらにその前の時期だったですよ。

タイトルだけ、やたら早く決まってましたよ。

新作、一応買いました。
なんというか、中学生のときよく聴いてたんで。
もうなんか、「スラッシュもダフもいないんだろ…」とかって言うのが、
なんかすごい大人げない気がするという、
17年という歳月はそのくらい長い時間なんだよなと思いましたね。


作品は、まだ一回しか通して聴いてないですけど、
まぎれもなく、これはガンズの新作だという印象があります。
とりあえず、世に出すことが出来て良かったと思います。


ちなみにリンク先の写真って、デモか何かですか?
ガンズの文字がないので、普通に祭りとかじゃないかと思ってしまうw

今サクっとググッてみたら、2007年に出たこの書籍にはもう書かれていたよ。

だから、シャレなんだろうね、たぶん。