朝青龍屋辞めちゃいましたね…。

 
ただ、今回のことで自分の周りでは意外なほど、
朝青龍に同情的な意見が多かった。

「よくやったよ」「お疲れ様」と、
まるで千代の富士の引退時にでも観られたような、
「偉大な横綱だった」という意見も多くありました。

 
その理由について考えてみたんですが、



 
やっぱり面白かったんですわ、ドルジが。
数々のお行儀の悪いことを繰り返しました。
マゲを掴んだり、にらみ合ったり、ガッツポーズしたり、ケガ休場中にモンゴルでサッカーしてたり、一般人に暴力ふるったりで、横綱では異例の「厳重注意5回」。

 
しかし技の多彩さ、フィジカルの強さなどもあり、優勝は25回。
この数字は、彼が尊敬する千代の富士の31回に次ぐ、
素晴らしいものであります。
 
これすごいんすよ。
だって、北の湖や、二代目貴乃花より回数上なんですから。

 
素晴らしい選手じゃないですか、「悪役」として。


 
ただ、彼の素行が悪かったとされる点、
よくよく考えてみればそれは「相撲だから悪い」ことなんです。
 
サッカー選手が、他の選手のユニフォーム掴んでも反則とられるだけです。
競技委員会がすっ飛んできて「厳重注意」なんかしません。
サッカー選手が、にらみ合ったり、ガッツポーズしたら、むしろオーディエンス盛り上がります。
サッカー選手が、休日に別の競技しようが勝手です。
サッカー選手が、一般人に暴力ふるった?そりゃー問題だな!反省しろよ!と

 
相撲協会とか、やくみつるとか(たぶん)だけど、
伝統を守りたいんだと思います。
神技として、神に捧げる、伝統の技としての相撲を。

 
その伝統を守りたい側の美学に、ドルジが合わせようとせず
それを快く思わなかった横綱審議委員会(およびマスコミ、および日本人全体?)が、
彼を悪役としてしまったのではないかと思います。

 
あと、日本人にありがちな、「努力」信仰。
どんなに強くても、努力してない、もしくは努力してないような印象を与えるような人は、
正等に評価されないという、そういうことも相まって、
彼への横綱としての品格に欠けるという評価につながったのでしょう。
 
だって、みんな、努力、大好きだもん。
横綱だって努力しなきゃ、
 
ケガおして優勝決定戦出て、
それで勝って、
「痛みに耐えてよくがんばった!感動した!」なんて言われたら、
普通感動しちゃいますもん。涙出ますもん。えぇ。

 
まぁ、そんな不満みたいなものが、相撲の伝統を守りたい人たちにあり、
それで今回の暴力沙汰で、「まーこら引退しかねーな」という空気が、マスコミ中心に振りまかれ、今回の引退に至ったと。

まぁ、分かります。
ボクサーとかでも、一般人に暴力ふるったら大問題ですもんね。
亀田親子がそんなことしたら、自分は「引退しろやコラ!」とか思いますもん。

しかし、僕が最も驚いたのは、
「あ、じゃ引退する!」と朝青龍が言ったら、
「おめー横綱審議委員会が引退させるんだから、だまって待っとれや!」って言う奴らの存在。
なんでも自ら引退した場合は退職金が出るらしく、
それが許せない人たちがいるらしい。
馬鹿げた話だ。そんくらい良いだろうがと。
聴けば彼はまだ29歳。しかも相撲なんていうツブシの効かない仕事してたんだ。
それでチャンピオンだぜ?
退職金どころか、お茶の間を沸かせた貢献とかもあるだろう。
むしろ金一封上げてやれよと。

 
世の中には、不条理なまでに強いやつがいるんだよ。
努力したって勝てない相手だっているんだ。
そんな突然変異は、一般人にとっては不条理に見えるかもしれないが、
無条件にかっこいい。夢がある。
自分とは別の生き方をしているんだと、憧れすらする。
自分もそんなふうであったらいいなと思ってしまう。
最高にエンターテイメントな存在だ。
無論、そんな突然変異を、努力をもって打ち負かそうとする姿も美しい。
現に、行儀の良い方の横綱、白鵬だって、二代目貴乃花だって、感動的だ。
惜しむらくは、そんな彼等の対抗馬が無くなってしまったことだと思う。

エンターテイメントではなく、伝統の存続を願った方の勝利なんじゃないかと思うよ。
それこそ、最上の努力を持って保守されるべきものだからね。
まぁ、伝統を守る側の人達が、力士達ほどの努力をしていたかっていうのには、
若干の疑問があるけれども。


 
僕等は、愛を込めて、彼をドルジと呼ぶ。
朝青龍なんて、狭い国の狭い習慣が付けた名前で呼ぶべきじゃない。
彼はもっとスケールの大きい存在だったんだ。
外国の国技の伝統を脅かす存在なんて、そうそうなれるもんじゃない。
そんな貴重な才能を失うのは非常に惜しいのだが、

彼ならきっと、どこでも僕達を楽しませてくれるんだと思う。


個人的には、K-1なんかに出て、
曙を1ラウンドでひねり潰した後、
「俺がリアルな横綱だ!」くらい言ってくれたら、
感動のあまり涙してしまうんだろうと思う。