ついこの前のエントリーでお知らせしたとおり、
沖野修也氏による「著作権管理処理前曲のみによるDJが行われました。
録画もあるようなので、今のうちにご覧になっていた方がよかろうかと思います。

まぁ、法的に詳しいことは、「企業法務マンサバイバル」のこの記事を参照されてください。
また、DIGITAL DJさんがなかなか面白いエントリーをしてくださってます。


DDJ Post: 既存音楽業界の構造崩壊序曲 - 完全合法ストリーミングDJを実現

これ、クリエイティブコモンズでライセンスされた楽曲から選べばいいのかなと思うんだけどどうだろう?


確かに。
数多のネットレーベルccMixterJamendoなどで手に入れた曲のライセンス形式を調べ、
おそらく派生作品を、非商用利用可能にするものがあったと思うので、
そのライセンスのみを集めてUST DJやれば、できますね。
(表示-継承 2.1 日本)のライセンスでは可能ですね。

これだと、原作者の表示が必要なんですが、
これは後でセットリスト等示すことで解決するのではないかと思います。
同時に表示することも、Twitter使えば可能ですし、
オーディエンスの話題になってくれれば素晴らしい。

日本でライセンスを表示しているネットレーベルと言えば以下、ありますね。

Maltine records (表示-非営利 2.1 日本)作者表示して利用可
16次元レコード(作品によってライセンスが違うので要チェック)利用可のものあり
逆襲レコード(著作権放棄)利用可



他にもあると思いますが、自分のアンテナではここまでです…。
というわけで、ここら辺の曲のみでも、結構面白いミックスは作れそうですよね。
ただ、サンプリングネタの時点で「大丈夫かこれ…」ってのはありますがw

以前Podcastなんか聴いてたころに、
そういった曲のみを使ってBGMにしてたものなんかもありましたし、
それでDJやればまぁ、技術的にはできるような気がします。

もしくは、そういったCCライセンスのネットレーベル曲のDJミックスばかりポストする
mixoticなんてサイトもありますけど、これとか法的にどうなんですかね?
日本でもアリだといいなぁ。


というかですね、これ自分やってみたい気がしてます。
ネットレーベル作品のみのUSTDJ。
ミニマルっぽい曲ならいくつかストックありますし。
ハロプロDJやるときと技術的には同じなので、
同じくらいの気合いがあれば、可能だと。

ちょっと準備してみます。