というわけで行ってきました、スカイジャンボリー2010「愛」
今年は、チケット即日完売&会場レイアウトを変更しての追加発売ということで、
スカジャン史上最大のオーディエンスを迎えての実施となりました。

以前は休憩スペースとして使われていたところまで物販になっており、
しかし手狭感とかはなかったです。

逆に、グッズ販売の長蛇の列が客席まで来る可能性もあったので、
これからずっとこのレイアウトの方がいいような気がしました。


ともあれ、大変過ごしやすく、日照り&暑さ対策さえきちんとしておけば、
会場後方からも十分にパフォーマンスが観れる、良い環境のフェスだったと思いました。

高度としては、ステージが一番下方にあり、
客席後方に行けばいくほど高度があがるので、
すり鉢状の、底を観る感じで、ステージが見やすいのもありますね。

ライブアクトについては、今回全てをきちんと鑑賞した気がします。
買い物等は食料&飲料以外全くしなかったですし、
自分は今回ガチで観ようという気は最初全くなかったのですが、
結局ライブエリアで最後を迎えるということになったので、
それだけ楽しむ甲斐のあるフェスだったのではないかと思います。

今回の大きな変更点は、モッシュ&ダイブ行為の容認だったと思います。
「愛のあるダイブならOK」という、MC Booの言葉にあおられたかのように、
10-FEETあたりからのモッシュ&ダイブは、スカジャンで観られるものの中ではすさまじいものでした。

ケンヨコヤマのtweetとかもあったから、なんかそういう展開になるのかもなぁというのは思ってましたが。

もしかしたらそれを見据えてのMC交代だったのかなとか思うと、
まあそんなことないとは思うけど、複雑な気もしなくもないという感じです。


といわけで、オープニングアクトのFLiPから。
バンドメンバーは女性しかいなかったのですが、それにしては激しい演奏。
調べてみたら、いしわたり淳治がプロデュース。さもありなん。ギター音色は多彩で飽きない。
身近な葛藤を唄った歌詞、曲の構成、間奏部でさりげなくすんなりいかない感じがいい。
てかオープニングでかなりオーディエンス上がってる。
なかなかかっこいいバンドでした。

 
次に、androp、マスロック的なダイナミズム。スペシャでチェックしたときにあったVJはなし。
ストりーテリングな歌詞はよい。マスロックな鎧を纏った、センシティブな感性のバンドやなと。
CD売り場に出かけたとき、彼らのCDやDVDのジャケが基本ロゴだけでまとめられているのに気付いたのですが、そういった匿名性を取り入れたバンドだということだと思います。
しかしまぁ、野外に出ると、そうは言ってられないわけで、
若干ミステリアスさは薄れたかもしれないけど、それでも、逆に素顔も魅力的だと思えました。

 
続いてFUNKIST。あの乙武氏が好きなバンドだそうです。
とにかくファンキーなリズム、哀愁を帯びた歌メロ、熱い語り口。
たまらず芝生エリアで皆さん踊りだす。
 
「あいのうた」演奏中、雨がパラッときましたが、なんか暑かったので、ちょうど良い感じ。
その後「本降り?」ってくらいになりましたが、すぐやみました。


REDEMPTION 97は、ケムリとポットショットのメンバーが組んだバンドだという情報を得ていたので、ライヴエリアにいてみたわけですが、
いやー踊った踊った。
やはりあの頃に比べれば、大人になったというか、オーセンティックさが増したアレンジや曲構成に感動しました。
最高に、気持ち良かった。
ホーン隊の中にも、元ケムリの人がいたような気が…。


TRICERATOPSは、期待はしてなかったですが、もうとにかく懐かしかった。
「going to the moon」から始まり、「ラズベリー」なんか聴くと、もう懐かしすぎて踊るしかなかったです。
歌が昔と変わらないなぁ衰えとかないなぁと。あとギター、ベースの技が多彩で飽きさせないなぁと思っていました。
「going to the moon」の、ギターリフのワーミーペダルを駆使した技も、今となっては使い古された技かもしれないが、若いバンドでああいった技をポップに駆使したバンドが現れていないという事実からも、彼らの偉大さがうかがえる気がします。

 
さて、スカジャン名物の本人たちによる公開リハーサルですが、
今回はボーディーズで観ることができました。
リハ中も白シャツで来ましたが、「長そででやるのかすげー」とか思ってましたが、
本番はさらに上着を着て登場。
「暑くないのか?」たぶん暑いんだろうけど、それを上回る気合いがあるんだろうななんて考えていました。

音は予想どおり、ボトムの低いロックンロール、しゃがれ声が良い。
稲佐山がしゃがれ声で満たされました。

「足りないものは水分塩分ホットドッグ!」などと軽妙なしゃべりも面白かった。もちろんそのあとは「Hot Dog」という曲をプレイ。

しかし気になったのが、この時点でのPAからの音が、なんか潰れ気味だった点。トラブルなのか、バンドの意図なのか分からないんですが、コンプが効きすぎな音でした。
一応、芝生エリアの音はそんなふうに聴こえました。


そんでまぁ、お待ちかねの10-FEETなわけですが、
とにかくあおるあおる。タクマの
「長崎ーまだまだこんなもんじゃねーだろー」的なMCにあおられるように、モッシュダイブが広がっていく。
もう30な自分には「あれはねーよ…」なんて思いながら眺めるしかなかったです。
長いMCの後、ビークルの「あれ」を先にやってしまったのが笑えた。
後でビークルにお金払っておくそうです。
あと、曲演奏中にギターとベースいれかえるなど、突飛なパフォーマンスもありました。


日もだいぶ傾いてきて、細美武士&矢野顕子のアクト
スカジャン唯一の「なごみタイム」ということだそうです。
二人のボーカルと、ピアノ&アコースティックギターのステージ。
アンプラグド状態ですね。
ラウドなロックバンドでフロントマンを張っている細美武士には、
若干ぎくしゃくした感じもありつつも、
Cyndi Lauper "Time After Time"、Weezer "Say It Ain't So"など、同世代ならグッとくる選曲のカバーが素晴らしかったです。
矢野顕子はさすがというか、ホワーンとした雰囲気も含めて、堂に入ったパフォーマンスで、「あぁ、本当にあんな声してる人なんだなぁ…」とか思って、聴きほれてました。
ラストにやった新曲のタイトルは「やさぐれLove」というらしいです。


そして、遂にその姿を見ることができるRADWIMPSの登場。
感想は、一言で言うと、混沌としてる感じでした。

まずボーカル、自分が期待していたのは、あの独特で言葉数の多いラップとも歌とも言えるボイスパフォーマンスを、完璧に演じきってみせることでした。
実際は、歌詞が飛ぶことが多くて、「あー今のは歌いきってほしかったなぁー」と思うことが、しばしありました。
コール&レスポンスと言えるほどオーディエンスに働きかけてもいないし、そこだけちょっと残念でした。
声の質や、作品で聴ける歌詞には、素晴らしいものがあるのですが。
リズム隊、これはもう文句無し。レコーディング作品の世界観を再現して余りある勢い。曲間のセッションを聴いても、こなれた演奏を聞かせるし、曲の構成に仕組まれた破綻すら完全に演奏しきる技術は、素晴らしかったです。
ギター、冒頭の「おしゃかしゃま」では、ファンキーなリズムには乗り切れない様子を聴かせつつも、クラシカルで破綻を含む展開では完璧に演奏しきり、また後半のロックな展開でも完璧な演奏を聴かせてくれました。
全体を通じての印象は、堂々としていたと言うよりは、アルバムの世界観の再現に留まっていた感じはします。しかしそれだけでも、稲佐山の夕暮れに響く「いいんですか?」の歌詞は、グッと心に触れたし、あえて最近のシングル「携帯電話」「マニフェスト」をセットから外したのも、何かしら意図があるような気がします。

 
残り二つのバンドに関しては、ライブエリアで完全にモッシュダイブの一員になっていたので、記録できるほどのものはありませんが、

ケンヨコヤマ、ソロ曲の数ある名曲の中に、ハイスタ時代の名曲「STAY GOLD」までやってしまい、もう感極まってしょうがなかったです。

今回、解散が決定しており、九州最後のパフォーマンスとなるBEAT CRUSADERSも、今までスカジャンで2回観てますが、最高のパフォーマンスを魅せてくれました。アンコールで"BE MY WIFE"をやってくれたのも嬉しかったです。放送禁止用語連発コールも、これで聴きおさめとなるとさびしいもんですねー。



全体的に言うと、もうスカジャン最高としか言えないんですが、
個人的には、まだ30代で体力あるうちに、こういったラウド系ライブもっと行っておこうかなーなんて思ったりしてます。